昼も夜も、たわわ。

昼も夜もたわわに生きたい丸の内OLのブログ。

文学フリマに行ってきました!

こんにちは。さーたんです。

本日11月23日、第23回文学フリマに行ってきました!

 

f:id:sacchandazo:20161123180225j:image

↑入場すると無料でもらえる(置いてあるから自由に取っていける)文学フリマのカタログ。右が今年ので左と真ん中のは前の年のもののようです。

 

わたしが行ったのは、東京会場です。

文学フリマ - 第二十三回文学フリマ東京 開催情報

 

| 開催概要

開催日  2016年11月23日(水祝)

開催時間 11:00~17:00 ※後半に記述あり

会場   東京流通センター 第二展示場

アクセス 東京モノレール流通センター駅」徒歩1分

入場料   無料

   

| 文学フリマとは?

 

名前は聞いたことがあっても、これまで行ったことがなかったんです。

というのも…

コミケとかと違って絵で目を惹くことがないんじゃないか?

ぶっちゃけ素人の作品を買いに行く面白さがわからない

プロじゃない=ただ自分の作品を出すだけのオナニー会場なんじゃないか…?

 

f:id:sacchandazo:20161123185319j:image

今年のカタログが一番上。

例年のものと厚さを比べると 薄い…

出品者は減っているのか?

| どんなことが行われていたか…

出展者数は、なんと約760出店(820ブース)

 f:id:sacchandazo:20161123185411j:imagef:id:sacchandazo:20161123185422j:image

カタログを見ると、本当に多くの団体が出ていることがわかりますねえ

 

| ぶっちゃけ思ったこと

ぶっちゃけ、オタクだらけでした。

服の色は黒ばっかり。。すっぴんばかり。。髪型もなんか謎?(二次元的)な感じの人たちの集団が。。。

でも、〇〇ちゃ〜ん萌え〜〜〜3次元の女は話しかけんな!!みたいなまわり見えてない系オタクとかとは種類が違って…

プライドのある他者との関わりもできる系オタクっていうか…品があるというか…

けどまあ、オナニー会場には間違いないです。

気になる方は来年観に行ってみてください。w

そうそう! 開催時間が11:00~17:00となっているのですが、

17時前にはもう片付けて帰っているブースもありました…

なんならわたしは17時ぴったりに流通センター駅にいましたが、

多くの出展者たちが同じホームで電車を待っていましたwww

 

だから終わるギリギリに駆け込むんじゃなくて、

時間にゆとりを持って行くことをおすすめします。

 

| まとめ

文学フリマ」の流行り具合っていうのは、予想通り、いまいちでした

文学フリマっていうのがあるって告知を見て出品意欲のない人が「面白そう!」って感じるには弱いんじゃないかなあ…

 

けど、オナニーにしたってなんだって、自分の作品を発表したい!売る!と形にして、出展の手続きもして、間に合わせるように冊子も作って、当日販売している…というのは、本当にすごい。

文学フリマに限ったことではないですが、やりたいなーとか本当はやりたいんだけどねーなんて言ってやらない人が大勢だと思います。

だからやりたいことを実現している人たちがいる場って意味では、すごく面白い。

また来年も行こうと思っています。

なんなら、出展してみたいと思っています。

出展しても売れていない現状を目の当たりにして、

「やっぱりな…」と思ってしまったわたし。

来年は、文学フリマに出展して「本を売る」。

そして文学フリマ自体を盛り上げる。

そのためにメディアに取り上げられるような何かをする。

 

そんな夢ができました。

 

 

んじゃまた!